twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ

検索の仕方
  • 文字サイズを変更することができます
  • 拡大
  • 縮小
  • 色を変更することができます
  • 標準
  • 1
  • 2
  • 3
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > こども福祉 > 保育園 > 保育園入園 > (平成29年度)保育園・小規模保育事業所 入園・入所案内

ここから本文です。

(平成29年度)保育園・小規模保育事業所 入園・入所案内

2017年11月23日 15時39分

こちらは、平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)入園の案内です。 

 ※平成29年度入園の受付は終了しております。

平成30年度(平成30年4月から)の入園については平成30年度の案内をご確認ください。  

 

平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が始まりました! 

この新制度は、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」と、関連する法律などに基づき、幼児期の教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を図るためにつくられました。本制度は、平成27年4月にスタートしました。詳しくは、子ども・子育て支援新制度のページをご覧ください。

平成29年度入園・入所手続きのご案内

 市役所保育サポート課窓口にて、ご案内・園紹介・申請用紙の配布をしております。  

平成29年度入園・入所手続きのご案内 

    平成29年度入園・入所手続きのご案内(1671KB; PDFファイル)

    

市内保育園・小規模保育事業所の紹介

   市内保育園の紹介(平成29年度 市内保育園・小規模保育事業所の紹介P1~P36)(4545KB; PDFファイル)

   小規模保育事業所の紹介(平成29年度 市内保育園・小規模保育事業所の紹介P37~P76)(6563KB; PDFファイル)

     ※各施設の「定員」と実際の「受入児童数」は申請状況等により異なる場合があります。

     各施設の所在地については「平成29年度入園・入所手続きのご案内」の21ページ、22ページ

   又は、ほいくえんマップ(813KB; PDFファイル)をご覧ください。

 

 保育の必要性の基準表

     保育の必要性の基準表(指数表)は、こちらをご覧ください。(97KB; PDFファイル)

受付時期や受付場所は?

 受付場所

   和光市役所 1階 保育サポート課支給認定担当窓口に直接持参してください。

  郵送での申込みはできませんので、ご注意ください。

 

平成29年7月~平成30年3月入園・入所受付

入園・入所月

申込み締切日

結果発送日

平成29年12月

平成29年10月20日(金曜日)

平成29年11月中旬

平成30年1月

平成30年2月

平成30年3月

平成29年11月17日(金曜日)

※平成30年2月、3月入園を

希望する場合も同日です 

平成29年12月中旬

  ※入園・入所の利用調整(決定)は先着順ではありません。 

保育の必要性の基準は?

保育の必要性の認定事由
和光市では、就学前の子どものうち、その保護者のいずれもが、次に掲げるいずれかの事由に該当するとき、「保育を必要とする子ども」であると認定します。
事由 概要
就労 1か月当たり48時間以上の労働に従事していること
(1日4時間、月12日以上就労していること)
妊娠 妊娠していること
出産後 出産月と、出産後8週間を経過する日の翌日が属する月の末日までの期間内であること
疾病又は負傷 保護者が医師の診断により1か月以上の治療を要する疾病又は負傷の状態であり、かつ、保護者が自ら保育を行うことが困難な状態にあること
障害 次のいずれかに該当し、かつ保護者が自ら保育を行うことが困難な状態にあること
 身体障害者手帳の交付を受けている、又は4級以上の障害を有していること
 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている、又は3級以上の障害を有しているもの
 埼玉県療育手帳制度要綱により療育手帳の交付を受けている、又はC以上の障害を有すること
同居等の親族の常時介護 次のいずれかに該当すること。
 疾病若しくは負傷により常時寝たきりとなっている者又は重度心身障害者を自宅において月12日以上介護していること
 疾病若しくは負傷している者又は重度心身障害者が通院・通所し又は入院するための付添いを1週当たり3日以上行っていること
災害復旧 災害の復旧作業に従事していること
求職活動  雇用保険法に規定する失業の状態のあり、基本手当の支給を受けていること。
 継続的に企業等の求人に応募している又は企業等が実施する雇用に関する説明を受けていること
 起業又は事業を継承するための準備を行っていること
就学 次のいずれかに該当する施設において、1日4時間以上、かつ、月12日以上の就学又は訓練をしている状態にあること
 学校教育法に規定する学校、専修学校、各種学校その他これに準ずる教育施設
 職業能力開発促進法に規定する公共職業能力開発施設、職業能力開発総合大学校又は特定求職者に対して職業訓練を行う施設
虐待・社会的擁護  次のいずれにも該当すること
 子どもに対し虐待を行っている(いた)又は配偶者からの暴力を受けている(いた)ことがあり、和光市要保後児童対策地域協議会において情報の交換及び協議が行われていること
 市が虐待を受けた子ども及びその保護者又は配偶者からの暴力を受けた保護者に対し保護その他必要な支援を行っていること
育児休業中の継続利用 育児休業に入る前に児童が在園していて、育児休業中に家庭で必要な保育を行うことが困難な状態にあること
その他市長が認める事項 その他、保護者が保育できない事情がある場合

優先保育の基準は?

優先保育について
和光市では、保護者のいずれもが保育の必要性の認定事由に該当する場合で、かつ、保育を必要とする就学前の子どもが、次に掲げるいずれかの事由に該当するときは、「優先的に保育を行う必要がある」と認めます。
事由 概要
ひとり親 和光市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例第2条第2項に規定するひとり親家庭であること             
生活保護  次のいずれかに該当する世帯
 保護者が市の実施する就労支援を受けていること
 保護者が公共職業安定所に求職の申込みをしていること
主たる生計維持者の失業 主たる生計維持者が失業し、速やかに就労することが必要な世帯に属していること
虐待・社会的擁護 次のいずれにも該当しており、かつ社会的擁護が必要であること
 保護者から虐待を受けている(いた)ことがあり、和光市要保護児童対策地域協議会において情報の交換及び協議が行われていること
 市が虐待を受けた子ども及びその保護者に対し保護その他必要な支援を行っていること
障害 次のいずれかに該当し、かつ、保育園等で保育を受けることができる場合に限る
 身体障害者手帳の交付を受けている、又は4級以上の障害を有していること
 埼玉県療育手帳制度要綱により療育手帳の交付を受けている、又はC以上の障害を有すること
育児休業 保護者が育児休業後に復職し、又は復職する予定であること
兄弟姉妹 兄弟姉妹が、保育を受けようとする保育園等において、保育を受けているまたは入所が内定していること
地域型保育事業 次のいずれにも該当すること
 小規模保育事業、事業所内保育事業、家庭的保育事業による保育を受けていたこと
 保育を受けていた家庭的保育事業等を行う事業所の連携施設において保育を受けること
その他市長が認める事項  

支給認定申請に必要な書類は?

1.教育・保育給付支給認定(変更)申請書(75KB; PDFファイル)

  ※ 認定区分や認定期間等は区分等早見表(35KB; PDFファイル)を参考にご記入ください。

     ◆マイナンバー(個人番号)について

     マイナンバー(個人番号)についての市からのお知らせは、こちらをご覧ください。
     教育・保育給付支給認定(変更)申請書にマイナンバー(個人番号)の記載が必要となりました。

     また、申込時に「マイナンバーの確認」と「本人確認」を行います。

     申込児童と同居している親族全ての方の「個人番号カード」や「通知カード」などのマイナンバーを

     確認できる書類と、手続きに来庁される保護者の本人確認ができる書類をご持参ください。

     申込時にマイナンバーの確認ができない場合は、保育サポート課でマイナンバーを調査し、

     申請書に記載させていただきます。

      

必要書類一覧
 番号確認書類  いずれか1点

個人番号カード、通知カード、

個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書 

 本人確認書類   いずれか1点

個人番号カード、運転免許証、

パスポート、身体障害者手帳等

 いずれか2点

公的医療保険の被保険者証、年金手帳、

児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書等

 

 

      

 

 

 

 

 

 

2.添付書類(支給認定に必要ですので、必ず提出してください)

  ※父母等保護者それぞれが下記の書類を提出してください。

  ※65歳未満の同居人(祖父母等の親族、知人等)がいる場合には、父母と同様の書類が必要です。

  ※ひとり親(死亡、離婚、別居、未婚)の場合、 「ひとり親であることの申立書」(352KB; PDFファイル)を提出してください。 

保育の必要性の

認定事由

提出する書類

 就労

(以下の場合を含む)

・育児休業中

・自営業 

・内職

 就労(予定)証明書(160KB; PDFファイル)

※シフト勤務の場合、直近3か月分のシフト表(時間・日数記載されているもの)をあわせてご提出ください。

※育児休業中の場合、必ず育児休業期間の記載を受けてください。

※自営業の場合、直近の確定申告書の写しも添付してください。

確定申告書の写しが無い場合、営業許可書、会社登記簿謄本の写し等を添付してください。 

 

直近4週間の就労状況表(96KB; PDFファイル)

 

居宅外の就労で、就労時間・場所が変則で就労証明書に記載が困難、シフト表が発行されない場合はこちらを証明書に添付してください。

 

妊娠

出産予定表(61KB; PDFファイル)、母子手帳の写し

疾病又は負傷

保育の要否に係る診断書(保護者用)(32KB; PDFファイル)

(和光市指定様式)

障害

以下のいずれか

・身体障害者手帳(4級以上)の写し

・精神障害者手帳(3級以上)の写し

・療育手帳(C以上)の写し

保育の要否に係る診断書(保護者用)(32KB; PDFファイル)

 (和光市指定様式)  

同居等の親族の常時介護

介護状況申告書(67KB; PDFファイル)

(被介護者の診断書・身体障害者手帳・介護保険証・重度心身障害者医療費受給者証のいずれかの写し添付) 

災害復旧 災害復旧に従事していることが証明できる書類等 
求職活動

求職活動申告書(133KB; PDFファイル)

+添付書類(詳細は求職活動申告書を参照) 

就学 在学証明書(合格通知の写し)+時間割等 
虐待・社会的擁護 必要に応じて、関係機関に相談の有無等を確認させていただきます。
その他市長が認める事項 市長が指定する証明書類等

 

3.平成28年度(平成27年分)市県民税の証明書(課税証明書・非課税証明書)・・・父母等保護者それぞれ分

  ※ただし、平成28年1月1日に和光市に住民登録されている人の分は提出不要です。

 

4.平成29年度(平成28年分) 市県民税の証明書(課税証明書・非課税証明書)・・・父母等保護者それぞれ分

  ※ただし、平成29年1月1日に和光市に住民登録されている人の分は提出不要です。 

 

 保育園等利用申込みに必要な書類は?

1.特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業利用申込書(和光市指定様式)(84KB; PDFファイル)

2.家庭状況表(和光市指定様式)(145KB; PDFファイル)

3.支給認定及び保育施設の利用に係る確認同意書(平成29年度)(187KB; PDFファイル)

4.優先保育に該当する場合は、それらを証明する書類(コピー可)

優先保育の事由 提出する書類
ひとり親家庭

ひとり親であることの申立書(352KB; PDFファイル)

ひとり親家庭等医療費受給者証 

生活保護 保護者が公共職業安定所に求職の申込みをしている場合は、ハローワークカード
生計維持者の失業 離職証明書や離職票等
児童の障害

以下のいずれか

・身体障害者手帳(4級以上)の写し

・療育手帳(C以上)の写し 

育児休業

就労(予定)証明書(160KB; PDFファイル)

※就労(予定)証明書に育児休業期間の記載がない場合は、育児休業証明書(60KB; PDFファイル)

 

 ※家庭保育室など有償で預託している場合は「保育室等在室証明書」(91KB; PDFファイル)を提出してください。

その他、状況により、必要な提出書類について

・ 勤務開始証明書(60KB; PDFファイル)

  既に内定の「勤務(予定)証明書」を提出済みで、勤務が開始されましたら、提出してください。

・ 復職証明書(64KB; PDFファイル)

  育児休業期間が記載された「勤務(予定)証明書」を提出済みで、その後復職した場合、提出してください。     

・ 申込取下げ届(62KB; PDFファイル)
  保育園入園申請後、申込を取下げたい場合、提出してください。

・ 変更届(20KB; PDFファイル)
  住所・家庭状況・勤務内容等が変更した場合、提出してください。

・ 申込保育園・小規模保育事業所変更届(226KB; PDFファイル)

  申し込んでいる保育園や希望順位を変更する場合に提出してください。 

・ 特定保育利用辞退申出書(28KB; PDFファイル)

  特定保育施設利用決定後、利用(入所)を辞退したい場合、提出してください。 

 

お申込内容に変更がある場合

 支給認定申請や利用申込みの後、以下の様な変更があった場合には、

毎月の申込み締切日までに、保育サポート課支給認定担当までご連絡ください。

必要に応じて、書類の提出をお願いする場合があります。

連絡がないまま入園が決定した場合、入園決定の取消しになる場合がありますので、必ずご連絡ください。

  1. 連絡先 ⇒ 住所や電話番号が変わるとき
  2. 勤務状況 ⇒ 退職、勤務先の変更、勤務日数・時間の変更などがあったとき
  3. 家庭状況 ⇒ 出産予定、婚姻、離婚などがあったとき 
  4. 児童の状況 ⇒ 申込み児童を認可外保育施設や幼稚園等に預け始めたとき 
  5. 希望園(事業所)の変更 ⇒ 希望園の順位を変えたい、又は追加したいとき 
  6. 申込みの取り下げ ⇒ 申込みの理由、希望がなくなったとき

 

市外在住者が和光市内の保育園等を申込みときの注意事項 

 

 和光市外に住民登録があり、和光市内の保育園等への入園を希望する場合は、住民登録がある自治体の保育園担当窓口に申込が必要です。詳細は和光市保育サポート課支給認定担当までお問い合わせください。

※和光市に転入予定の方は、転入先の「売買契約書」・「賃貸借契約書」等のコピーと、「転入誓約書」(46KB; PDFファイル)が必要となりますので、あわせてご提出ください。なお、売買契約や賃貸借契約が完了していない場合は、「転入誓約書」のみをご提出ください。

※転入予定の方は、入園月の1日までに転入してください。 

保育園・小規模保育事業所は選べるの?

希望する保育園・小規模保育事業所(以下、保育園等)に申し込むことができます。ただし保育園等には定員があるため、希望の保育園等に入園できない場合があります。希望する保育園等名のみを「特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業利用申込書」に記入してください。

市外保育園申込み時の注意事項

 和光市外の保育園を希望する方は、自治体によって申込み締切日や必要書類が異なります。また、その自治体以外に在住している方の受け入れを制限している場合がありますので、各自治体に直接確認のうえ早めに提出してください。
 なお、市外へ転出予定の方で市外保育園を希望する方は、転出先の「売買契約書」・「賃貸借契約書」等のコピーが必要となりますので、あわせてご提出ください。

保育園はどこにあるの? 

 各施設の「定員」と実際の「受入児童数」は申請状況等により異なる場合があります。

公設保育園

名 称

所在地

電 話

対象年齢

定員

にいくら保育園

新倉1-36-2

048-463-2002

生後57日から

110

しらこ保育園

白子3-29-10

048-464-7400

生後57日から

90

ほんちょう保育園

本町31-18

048-465-5200

生後57日から

90

みなみ保育園

南2-3-3

048-450-4641

生後57日から

180

しもにいくら保育園(※)

下新倉1-2-25

048-452-6833

生後57日から

60

 (※)しもにいくら保育園は駅北口土地区画整理事業のため平成30年度末で閉園となります。

    新規入園、転園の受け付けは行いません。 

民設保育園

名 称

所在地

電 話

対象年齢 定員

民設ひろさわ保育園(※)

(※)平成29年度より

   民設保育園となりました。 

広沢1-2

048-461-1043

生後57日から

108
キッズエイド和光保育園  本町31-6 048-460-1068  生後57日から  90

和光駅前保育園

新倉1-2-67 2F

048-461-2120

生後57日から

2歳児まで

20

下新倉みどり保育園

下新倉5-13-10

048-451-6433

生後57日から

60

ハレルヤ保育園

新倉5-9-92

048-451-5300

生後57日から

60

ゆめの木保育園

白子2-14-62

048-463-8791

生後57日から

90

あすの木保育園

丸山台3-5-8 048-465-2177 生後57日から

70

里仁育舎 下新倉2-34-36 048-423-7184 生後57日から  60
諏訪ひかり保育園 諏訪2-5 048-423-7614 生後57日から

 70 

キッズエイド吹上保育園

白子3-15-25 048-423-5071 生後57日から

70

和光プライムスター保育園

下新倉1-5-15

048-423-9881

生後57日から 90
和光どろんこ保育園

新倉2-4-53 

048-424-3656 生後57日から 90
中央ひなた保育園 中央1-1-6 048-424-8103 3歳児から5歳児 60

小規模保育事業所

名 称

所在地

電 話

対象年齢

定員

和光第2エンゼル保育室

本町19-1 

048-458-3514

生後57日から2歳児まで

19

あそびのてんさい和光保育園

丸山台1-9-19 

048-467-3085

生後57日から2歳児まで

19
あそびのてんさい和光北口保育園 新倉1-2-42 048-487-9938

生後57日から2歳児まで

10

保育ルームフェリーチェ和光園

本町11-3 シンフォニー1F 048-467-6766

生後57日から2歳児まで

18
保育ルームフェリーチェ和光2園 本町5-28 KSビル1F 048-469-6555

生後57日から2歳児まで

18
わこうさくらさくほいくえん

白子2-23-7 

第二サンライズビル

048-450-3939

生後57日から2歳児まで

19

つかさ保育園和光市和光園 

白子2-24-15

クレールマンション1F

048-234-9209

生後57日から2歳児まで

19
メリーポピンズ和光ルーム

下新倉1-1-62

ハイドレインジア1F

048-466-0100

生後57日から2歳児まで

19
和光リトルスター保育園 白子3-35-7 048-487-9001

生後57日から2歳児まで

19
下新倉リトルスター保育園 下新倉4-12-54 048-424-5560

生後57日から2歳児まで

19

ひだまりの保育園

新倉2-17-31

048-486-9038

生後57日から2歳児まで 19

第2ひだまりの保育園 

新倉3-5-28

048-487-7316

生後57日から2歳児まで 10

和光市ひなた保育園 

新倉1-10-74 048-462-8185 生後57日から2歳児まで 19

わこうっちリトルスター保育園 

新倉1-2-9-1F 048-458-0647 生後57日から2歳児まで 19

リトルスター保育園

さつきちゃんのおうち 

下新倉2-39-24-1F 048-423-0157 生後57日から2歳児まで 19
和光エンゼル保育園 本町12-12 優美ビル1F

048-465-1463

生後57日から2歳児まで 19
和光第3エンゼル保育室 本町12-12 優美ビル2F・3F 048-424-5351  生後57日から2歳児まで 19

しらこ北リトルスター保育園

白子3-8-37

048-487-9904 生後57日から2歳児まで 19
しらこ南リトルスター保育園

白子1-25-1

048-423-5582 生後57日から2歳児まで 19
丸山台ひなた保育園  丸山台2-11-1-1F 048-485-7138  1歳児から2歳児まで 19

給食は?

 平成11年4月から、市内全保育園で完全給食を実施しております。アレルギー児にも対応します。

小規模保育事業所でも原則的に自園調理の完全給食を実施しています。(平成27年度4月から5年間は経過措置により、自園調理を行わない事業所もあります。)

 入園後、食物アレルギーや宗教理由による除去対応をご希望の方は、事前に保育園や小規模保育事業所へ対応の有無等をご確認ください。 

慣らし保育はどうするの?

 入園後、お子さんが保育園に慣れるまで慣らし保育になります。お子さんによって多少 異なりますが、集団生活に慣れるまでの約3日間が慣らし保育期間となります。保育園では 短い保育時間から、徐々に保育時間を延長していきます。ご協力をお願いします。

時間外保育について

  時間外保育とは、やむを得ない理由により、保育標準時間又は保育短時間の時間帯を超えて

保育を必要とする子どもに対し提供する保育です。地域子ども・子育て支援事業として位置づけられ、

国・県・市が一部費用を負担します。 午後6時以降に行う時間外保育(通常時間外保育)と

短時間認定を受けた子どもに対し、午前7時から午前8時30分まで及び午後4時30分から午後6時までの間に行う

時間外保育(短時間時間外保育)があります。

 
  ※和光市内保育園・小規模保育事業所における「保育標準時間」・「保育短時間」
   保育標準時間…午前7時から午後6時まで
   保育短時間…午前8時30分から午後4時30分まで
  ※上記の時間を超える部分(下記図の1及び2の部分)は、時間外保育になり、
      利用する場合は時間外保育料が掛かります。
  時間外保育 

   ※時間外保育料は各園で設定を行っております。
   ※夕食の提供(ミルクの提供を除く)を受ける場合は、別途夕食代がかかります。

0歳児の時間外保育利用

 公設園(みなみ・しらこ・にいくら・ほんちょう・しもにいくら)の時間外保育は、原則として0歳児の利用はできません。

  満1歳(1歳のお誕生日)から利用できます。(※ただし、やむを得ない事情がある場合は、直接園にご相談ください。)

  民設園、小規模保育事業所でも0歳児の時間外保育が利用できない園がありますので、申請前にご確認をお願いします。 

利用者負担額(保育料)はいくらになるの?

  利用者負担額(保育料)は、世帯の所得の状況等を勘案し、国が定める水準を上限として

市が定めることとなっており、利用者負担額の階層区分は、市町村民税所得割課税額に基き決定されます。

4月から8月までの保育料は、保育を利用する年度の前年度の市町村民税所得割額により、

9月から3月までの保育料は、保育を利用する年度の市町村民税所得割額により決定します。
例:29年4月~29年8月⇒平成28年度の市町村民税所得割額により保育料を算定

     29年9月~30年3月⇒平成29年度の市町村民税所得割額により保育料を算定

  

  詳しくは平成29年度入園・入所手続きのご案内の17ページをご覧ください。

保育料はどのように支払うの?

保育料の納入は便利な口座振替(自動振込)をご利用ください。

1 口座振替をご利用の場合

  • 保育園入園決定通知書と一緒に「口座振替申込書」をお渡しします。
  • 「口座振替申込書」を金融機関に提出してください。金融機関で内容の確認をした後 指定された口座から通常毎月末に引き落としをします。(お手続き完了までは3週間程度要します。)

2 納付書をご利用の場合

 毎月中旬に保育園を通じてお渡しします。市外の保育園に通園されている方には郵送します。
 納期限内(通常毎月末)に納付書裏面に記載されている金融機関(納期限を過ぎたものは郵便局ではお支払いできません) 又は市役所内の銀行出張所でお支払いをお願いします。

 ※小規模保育事業所をご利用の方は、事業所が保育料の徴収を行います 

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:保育サポート課

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階 FAX:048-464-1926

メールアドレス:保育サポート課

支給認定担当 電話番号:048-424-9130

教育保育事業担当 電話番号:048-424-9089