【お詫び】保護者宛ての通知の送付漏れについて

2020年04月28日 18時14分

 日頃より保育行政にご理解ご協力をいただきありがとうございます。

 この度、当課事務に不備が生じましたのでお知らせいたします。

 

 市では4月27日から5月6日までの間、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う措置として市内保育施設を全面的に臨時休園しております。

 

 そのお知らせを4月25日に全保護者宛てに郵送したところ、一部の方に送付されていないことが4月27日に保護者からの申し出により発覚いたしました。

 

 確認したところ、新型コロナウイルス感染症に係る他の通知2件についても同様に送付されていないことが判明しました。

 

 原因は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るため、3月2日より登園自粛を要請しておりましたが、以後にご出産された世帯がその後に育児休業を取得することを前提として保育認定期間を延長して対象者の抽出を行うべきところを、5月以降まで保育認定期間がある世帯のみを対象者として抽出したためです。

 

 なお、同様の内容は、全世帯宛ての個別通知のほか、保育施設内での掲示、保護者宛ての配信システムを活用する施設についてはメール配信を行っております。

 

 該当となる世帯については、既に個別に経緯説明を行い、謝罪しております。

 

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に係る対応にもかかわらず、適切な事務がなされず、該当世帯保護者の皆様、在園児保護者の皆様にはご不安を助長させる結果となりましたことをお詫び申し上げます。

 

 今後は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う対応も踏まえた事務処理を徹底すると共に、信頼の回復に努めてまいります。

 

保育サポート課長 中野 陽介