twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > こども福祉 > ひとり親家庭 > ひとり親家庭等の自立支援事業(資格の取得を応援します。)

ひとり親家庭等の自立支援事業(資格の取得を応援します。)

2018年09月26日 16時43分

  ひとり親家庭の父・母の就業を支援するために、職業能力の開発等自立に向けた教育訓練を受ける場合、その費用の一部を助成します。(所得制限などの利用条件があります。) 

自立支援教育訓練給付金事業

 ひとり親家庭の父、又は母が就労に必要な技術や資格を取得するために、あらかじめ指定された講座・講習(ヘルパー・パソコン・医療事務など)を受講し、それを修了した方に、受講のために支払った入学料及び受講料の60%相当額(上限2,00,000円、下限12,000円)を支給します。

*受講開始前に必ず対象講座の指定を受けてください。雇用保険に入っていない方が対象となります。

高等職業訓練促進給付金等事業

 就労に有利な資格を取得するために、1年以上養成機関(通信教育によるものは含まない)で修業する場合、修業期間中の生活の負担を軽減するために3年間訓練促進費が給付される制度です。また、修業を修了した方には修了した日以後に、修了支援給付金も併せて支給します。

支給額 

◎市県民税課税世帯   訓練促進給付金 月額 70,500円
修了支援給付金   25,000円
◎市県民税非課税世帯  訓練促進給付金 月額 100,000円
修了支援給付金   50,000円

支給期間

申請のあった月以降の修学全期間(上限3年) 

対象者

  児童扶養手当の支給を受けているか又は同様の所得水準にあって、訓練を受けることが、適職に就くために必要であると認められた人。

利用を希望される人は、事前相談が必要です。

 (高等職業訓練給付金等事業の支給を希望される方は9月末までにご相談ください。)

対象資格の例

  看護師、准看護師、保育士、介護福祉士、作業療法士、理学療法士、歯科衛生士、美容師、社会福祉士、製菓衛生師、調理師など 

 

  

お問い合わせ

担当名:ネウボラ課

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階 FAX:048-464-1926

メールアドレス:ネウボラ課アドレス

母子保健担当 電話番号:048-424-9087

手当医療担当 電話番号:048-424-9140