twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > こども福祉 > ひとり親家庭 > 埼玉県母子及び父子並びに寡婦福祉資金貸付制度のご案内

埼玉県母子及び父子並びに寡婦福祉資金貸付制度のご案内

2017年12月19日 10時13分

  母子家庭のお母さん及び父子家庭のお父さん並びに寡婦の方の経済的自立や、扶養しているお子さんの福祉増進のために、必要な資金をお貸しする埼玉県の制度です。

    

     申請対象者・所得制限・申請書類・修学資金貸付限度額等、詳細は

      手(パー) こちら(埼玉県母子及び父子並びに寡婦福祉資金貸付制度のごあんない)からご確認ください。

  

 

家  制度の利用をご希望の方は埼玉県西部福祉事務所(049-283-6800)又はネウボラ課にご相談ください。  
家 申請書の受付は和光市役所ネウボラ課で行っています。
申請に必要な書類を市に提出し、市から西部福祉事務所に送付します。 
※必要書類を整える際、市で家庭状況等の聞き取りを行いますのでご了承ください。
 
 

 

手(パー) 申請の流れはこちら(116KB; MS-Wordファイル)からご確認ください。

 

貸付資金の種類と内容

種類 

内    容

就学支度   子の入学、又は修業施設への入所に必要な入学金、被服等を購入するための費用等
  (入学する月の末日まで申請可能)
修  学   子が高等学校、大学等で学ぶための授業料、書籍代等
修  業    子が、起業又は就職するのに必要な知識等を習得するための資金
就職支度   母、父、寡婦又は20歳未満の子の就職に際して必要な被服等を購入するための資金
技能習得   母、父又は寡婦が自ら事業を開始、又は就職するために必要な知識・技能を習得するための資金 
医療介護

   (医療分)母、父、寡婦又は20歳未満の子に係る医療費の自己負担分、通院に要する交通費等,
   ただし治療期間1年以内 

 生  活    次の期間の生活を維持するのに必要な資金
   (1)母、父又は寡婦が技能習得している間
   (2)母、父又は寡婦が医療又は介護を受けている間
   (3)母、父又は寡婦が失業中で離職してから1年未満
   (4)母が母子家庭又は父が父子家庭になり7年未満
 転  宅    母、父又は寡婦が住宅の移転に際して必要な敷金、運送費等の資金
 住  宅    母、父又は寡婦が住宅を建設、購入、保全、改築、増築するのに必要な資金
事業開始    母、父又は寡婦が事業を開始するのに必要な設備費及び什器・機械等を購入するための資金
事業継続

   母、父又は寡婦が現在営んでいる事業に必要な商品・材料等を購入するなど、事業を継続する
   ために必要な資金 

 結  婚   子の結婚に必要な資金

 

      貸付限度額、貸付期間、返済等の詳細は

   手(パー) こちら(母子及び父子並びに寡婦福祉資金貸付制度一覧)からご確認ください。  

 

 

 

お問い合わせ

担当名:ネウボラ課

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階 FAX:048-464-1926

メールアドレス:ネウボラ課アドレス

母子保健担当 電話番号:048-424-9087

手当医療担当 電話番号:048-424-9140