twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > こども福祉 > ファミリー・サポート・センター

ここから本文です。

ファミリー・サポート・センター

新型コロナウイルス感染症に関連するお知らせ

<お知らせ>和光市内における新型コロナウイルス感染対策の徹底について(50KB; PDFファイル)

 

  和光市ファミリーサポートセンター会員の皆さま

現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、各会員の皆さまにおかれましては、それぞれ新しい生活様式に取り組んでいることと思います。

当センターにおいても、事業を安全に継続していくために、今何ができるのか、必要なことを皆さまと一緒に考えながら、取り組んでいきたいと思っております。

サポートを安全に継続していくために普段の留意点に加え、次のことにご配慮いただきますようご協力をお願いいたします。 

1)体調に少しでも違和感や不安を感じたり、自分の周りに感染者がいる場合は活動前にセンターに連絡し、活動を控えてください。活動後に感染が分かった場合もセンターへ必ずご連絡ください。 

2) サポート中に必要なお子様の消毒用具は、依頼会員がご用意ください。

 一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆さまのご健康をお祈り申し上げます。 

 利用にあたって

 依頼会員、協力会員ともにファミリー・サポート・センター事業の活動前に、体温を計測する等、毎日の健康状態を確認するよう努めていただくとともに、発熱や咳などの症状がある場合は、利用をお控えください。

 保険適用について

ファミサポの補償保険の制度では、ファミサポ活動に伴って、新型コロナウイルスに感染した場合、補償の対象とはなりません。併せて、風邪やインフルエンザ等も含め、疾病は対象となりません。

ファミサポの補償保険については、センターのホームページにてご確認ください。 

 

関連ページ  新型コロナウイルス感染症の対応について  内閣府ホームページ(外部リンク) 

         新型コロナウイルス感染症について       厚労省ホームページ(外部リンク)

 ファミリー・サポート・センターについて                                                              

和光市では、子どもを預けたり・預かったりする活動 (ファミリー・サポート・センター事業)、お母さんが産前や産後を安心して過ごせるようお手伝いする活動(産前・産後サポート事業)の二つの活動を行っています。これらの活動は依頼したい方、協力できる方が行う、有償のボランティア活動です。子育ての手助けをして欲しい人(依頼会員)と手助けができる人(協力会員)で地域のネットワークをつくり、会員による育児の相互援助活動ですので、いずれも事前に会員登録をお願いします。センターホームページ(下記URL)から、WEBからも登録できます。

活動につきましては、こちらをご覧ください

 

平成31年4月1日から、下記の事業所に業務委託いたしました。

入会、利用の申し込みについては下記連絡先(センター)にお願いいたします。

センターは、会員みなさまの相互援助活動のコーディネート・会員同士の活動が円滑に安全に行われるようにフォローしています。 

 

<ファミリー・サポート・センター> 

特定非営利活動法人病児保育を作る会

和光市ファミリー・サポート・センター運営事務局 

埼玉県川口市東川口4-2-20-102 プロミネンス2

電話:090-6530-0961(平日9時~16時)

FAX:048-295-7667 

メールアドレス wakofamisapo@cap.ocn.ne.jp

ホームページ https://wakofamisapo.janken-pon.net/ 

 

 

 援助してほしい人(利用会員)と援助できる人(サポート会員)による地域の助け合いで、お子さんの風邪や発熱の際の預かり、宿泊を伴う預かり、保護者の体調不良等での緊急的な一時預かりを行う「緊急サポート事業」もございます。

緊急サポート事業についてはこちら 

ファミサポ基礎講座の開催について

 和光市ファミリーサポートセンターでは、子どもの送迎・預かりなどのサポートをしていただける協力会員(有償ボランティア)を募集しています。

  年間スケジュールは、こちらからご確認ください(1052KB; PDFファイル)

 

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、日程など変更の可能性があります。 

  ファミサポ交流会「譲りますマーケット(無料バザー)」の開催について 

 ※令和2年度の開催予定については、決定次第掲載いたします。 

 

日にち/令和元年11月22日(金曜日) 

時間/10時00分~11時00分(9時40分受付開始。10時までに必ず受付してください。)

場所/和光市文化センターサンアゼリア 企画展示室

持ち物/筆記用具(ペン)、エコバック(紙袋等) 

申込/11月12日(火曜日)までにセンター 090-6530-0961 まで

 

※要申込

※会員限定 

※お子様連れでも参加可

※参加者は、必ず1点以上出品物をお持ちください。 

 

(1)出品物について 

【出品できるもの】

  (小型) 秋・冬物の子ども衣類、新生児用の肌着やスタイ、雑貨、本、おもちゃ、

  (大型) チャイルドシート、家具(3段ラック等)、ベビーサークル、ベビーゲート、自転車用チャイルドシート、家具(3段ラック等)

 

 ※新生児用の肌着やスタイは、未使用品又は状態のよいものに限ります。

 ※大型のものは、当日写真で展示し、後日希望者に引き渡します。

 ※当日残ったものは、出品者がお持ち帰りください。

 

【出品できないもの】 

  大人の衣類、マタニティ用品、食品、医療品、ぬいぐるみ、汚れや破損のあるもの

 

【出品のルール】 

  雑貨と大型のものは、会員番号を見やすい位置に、テープに記入し貼る等してください。

  写真で展示する場合は、写真の裏に会員番号と電話番号を記載してください。  

  汚れのあるもの等はお断りする場合があります。

  

(2)荷物の搬入について 

 品物の搬入は、原則下記の日程です。

 日時/令和元年11月21日(木曜日)13時30分~16時00分

 ※やむを得ず、譲りますマーケット当日に搬入する場合は(衣類のみ可)、9時20分から9時40分までに搬 

   入してください。

 

 

 幼児教育・保育無償化制度について

 

令和元年10月1日から、幼児教育・保育の無償化に伴い、ファミリーサポートセンター事業をご利用した場合、無償化の対象となる場合があります。

幼児教育・ 保育無償化制度の対象となる施設等には、幼稚園・保育所・認定こども園、幼稚園の預かり保育、認可外保育施設等があります。

このうち、認可外保育施設(ファミリーサポートセンター事業)について、ご案内いたします。

 

(1)対象者・利用料

認可外保育施設等を利用する子どもたちについても、保育の必要性があると認定された3歳から5歳の子どもたちを対象として、認可保育所における保育料の全国平均額(月額3.7万円)までの利用料が無償化されます。 

0歳から2歳児の子どもたちの利用料については、住民税非課税世帯を対象として、月額4.2万円までの利用料が無償化されます。

 

(2)対象となる内容

 原則「預かり」が対象となります。

「預かり」と併せて利用される「送迎」については、「預かり」と一体的に行われることから施設等利用給付の対象となります。

「送迎」のみの利用は対象外となります。 

 

(3)施設等利用費の請求について(償還払い請求)

保護者の請求により上限額の範囲内で施設等利用費の給付を受けることができます。

協力会員へ報酬をお支払い後、ファミリーサポートセンター事業利用日と同じ年度内に、下記のとおりお手続きください。

  

●必要な書類

1.施設等利用費請求書(振込先口座名義は請求者と同じものに限る)

2.援助活動報告書

 

●提出先

〒351-0192

和光市広沢1-5 和光市役所子どもあんしん部保育サポート課支給認定担当

電話048-424-9130

 

※郵送又は窓口にて提出可

※幼稚園へ在園している場合は、幼稚園を経由しての提出も可

 

 

(4)協力会員へのお願い

●援助活動報告書の記載について 

活動内容(預かりや送迎等)が、明確にわかるように記載をお願いいたします。

兄弟姉妹児の二人以上を預かる場合は、1人1人の時間、活動内容、保育費がわかるように分けて記載をお願いいたします。

金額を間違えて記載した場合は、大変お手数ですが、再度作り直してください。 

 

 

【問い合わせ先】 

ファミリー・サポート・センターに関するお問い合わせ/地域包括ケア課 048-424-9124  

幼児教育・保育無償化制度全般のお問い合わせ、保育の認定に関するお問合せ/保育サポート課 048-424-9130

  

 

認可外保育施設等利用料の無償化についてのご案内は コチラ(399KB; PDFファイル) 

幼児教育・保育無償化制度全般についてのご案内(保育サポート課)は コチラ

 

 

ファミリー・サポート・センター事業 (ファミサポ)        

                           

 

 安心して子育てができるように子育ての手助けをして欲しい人(依頼会員)と手助けができる人(協力会員)で地域のネットワークをつくり、会員による育児の相互援助活動です。

対象

  生後43日から12歳まで(小学校に在籍)のお子さん 

 内
 容

・保育施設の保育時間開始まで、子どもを預かります。

・保育施設の保育終了後、子どもを預かります。

・保育施設まで子どもを送迎します。

・学童保育終了後、子どもを預かります。

・学校の放課後、子どもを預かります。

 

具合の悪いお子さんを預けたり、送迎したりすることはできません。
*病気のときは緊急サポート事業をご利用ください。

・出産後、上の子どもを保育施設まで送迎します。

・外出の際、子ども同伴が難しい時預かります。

・お母さんのリフレッシュのため、子どもを預かります。
・その他についてはセンターにご相談ください 

☆子どもの預かりは、会員の自宅、児童館や地域子育て支援拠点等の施設、その他子どもの安全が確保できる場所で行います。

☆子どもは必ず大人に引渡します。留守宅への送りはできません。

☆宿泊を伴う活動は行いません。

利用料金

(謝礼) 

平日(月~金)午前7時~午後7時 360円/30分

平日の上記以外の時間及び土、日、祝日の終日

420円/30分

年末年始(12/29~1/3)

450円/30分

打合せ(協力会員1名につき) 

1回 800円 

その他実費あり  

産前・産後サポート事業

お母さんが妊娠中や産後を安心して過ごせるよう、家事や育児を地域でサポートします。

対象

母子手帳を交付後から産後42日までの人

内容

家事援助

料理・買い物・洗濯・掃除・その他日常的な家事

育児援助

授乳・新生児の身の回りの世話・沐浴の介助・上の子の世話

利用料金(謝礼)

平日午前8時~午後6時

840円/1時間

平日の上記以外の時間及び土、日、祝日

960円/1時間

年末年始(12/29~1/3) 1020円/1時間 
打合せ(協力会員1名につき)  1回 800円 
その他実費あり

                                            

                                          

                                       

 


会員登録について

会員同士の相互援助活動ですので、センターでの会員登録が必要です。会員になるための条件は事業により異なります。

申込みはこちら 

ファミリー・サポート・センター事業(ファミサポ)

会員になるための条件

依頼会員 ・和光市在住・在勤で生後43日から12歳(小学校に在籍)までのお子さんをお持ちの方。
協力会員

・心身ともに健康で、活動に理解と熱意のある、和光市及び隣接地域に居住している方。

・活動をするためには、ファミリー・サポート・センターで行うファミサポ講座を必ず受講していただきます。

両方会員

 ・依頼会員と協力会員、両方の条件を兼ねている場合、両方会員になることができます。

産前・産後サポート事業

会員になるための条件
依頼会員 ・原則として和光市内に居住している方(和光市に里帰りを予定している方を含む)で母子手帳交付後から産後42日までの方。

協力会員

・心身ともに健康で、活動に理解と熱意のある、和光市及び隣接地域に居住している方。

・ファミリー・サポート・センターで行う※産前・産後サポート講座を終了した方。       


 


ファミサポの依頼手順

会員同士の援助活動ですので、まずは会員登録が必要です。

  1. 入会手続き行います。
  2. 依頼会員は援助が必要になったら、センターに連絡し、依頼内容を伝えます
  3. センターのアドバイザーが活動可能な協力会員を探し、依頼会員に紹介します
  4. 依頼会員、協力会員、センター又はサブリーダーの三者で事前打ち合わせをし、依頼内容を確認します。協力会員は、通常2、3人の方を紹介します。
  5. 事前打ち合わせ後は、依頼会員が打ち合わせ済みの協力会員へ活動を直接依頼します。内容に変更がなく、協力会員の都合がつけば、いつでも依頼することができます。
  6. 依頼会員は、保険の手続きのため、活動前に必ずセンターへ依頼内容を連絡します。
  7. 協力会員は、事前打ち合わせの内容に沿って、援助活動をします。
  8. 援助が終わったら、協力会員は活動報告書を書き、依頼会員にその日の様子を伝えます。
  9. 依頼会員は協力会員に謝礼を支払い、サインします。

 

 

      

 



お問い合わせ

担当名:ネウボラ課

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所 FAX:048-464-1926

メールアドレス:ネウボラ課アドレス

母子保健担当 電話番号:048-424-9087

手当医療担当 電話番号:048-424-9140