twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > 健康づくり・医療 > 食育 > 食の安全情報 > ノロウイルスによる食中毒に気をつけましょう

ここから本文です。

ノロウイルスによる食中毒に気をつけましょう

 東松山市内の飲食店営業施設で「ノロウイルス」食中毒事件が発生しました。このウイルスによる食中毒事件は、冬場(11月~3月)にかけて多発します。これからの季節は特に注意が必要です。

 

 感染すると、下痢、嘔吐、腹痛などの症状を起こし、症状が治まっても2週間以上便中にウイルスを排泄します。 保育園、学校、福祉施設等で発生した場合は、集団発生につながります。また、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者では重症化することがあります。

 

 ノロウイルス感染予防対策のポイントは、「きちんと手洗い(2度洗い)」です。調理前、食事前、トイレ後は、石鹸を使い、十分な量の流水で手を洗いましょう。 

ノロウイルスの特徴

冬場を中心に流行

感染ルートが多い

 ノロウイルスは、最終的には口からウイルスを取り込むことで感染します。

 感染ルートは大きく分けて3つです。

人→人

 感染者の便や嘔吐物を触った手指についたウイルスが口に入り感染します。

人→食べ物→人

 感染者が調理した食べ物や、感染者や汚染された食べ物が触れた調理器具から食べ物にウイルスがうつり、それを食べることで感染します。

食べ物→人

 ウイルスが蓄積したカキなどの二枚貝を食べて感染します。

 ウイルスに汚染された水道水(簡易水道)や井戸水から感染することもあります。

感染力が非常に強い

 ごく少量のウイルスでも感染する強力なウイルスです。

 また、多くの遺伝子型が存在し、一度感染しても、また感染しないとも限りません。

症状は?

潜伏期間

 24~48時間

主な症状

 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、軽い発熱などが1~2日続きます。

 便からのウイルスの排出は1週間~1ヵ月程度続くため、注意が必要です。

予防しましょう

手洗いをしっかりする

調理従事者又はその家族が体調を崩しているときは、調理に従事させないようにする

食品などの加熱殺菌をしっかりとする

 ノロウイルスに汚染されている食品でも、中心まで加熱することで防げるといわれています。(中心温度85℃以上で1分間以上が目安

 調理器具も洗浄・消毒しましょう。

便・嘔吐物の処理に気をつける

 患者の便や嘔吐物を処理する際は、ビニール手袋をしペーパータオルなどを使って外側から内側に、ウイルスを飛ばさないように静かに拭き取る。

 ノロウイルスはアルコールに対する抵抗力が強いため、アルコール消毒はほとんど効果がありません。消毒には、次亜塩素酸ナトリウム消毒液(台所用塩素系漂白剤)を使いましょう。

消毒液の作り方(次亜塩素酸ナトリウム濃度約5%の台所用漂白剤を使用する場合)

 

作りたい濃度  

作り方

便・嘔吐物など汚物処理用  

0.1%(1,000ppm)

5Lの水に100ml(キャップ約4杯)

拭き消毒用

0.02%(200ppm)

5Lの水に20ml(キャップ約1杯弱)

消毒液の作り方

 ※漂白剤のキャップ1杯は約25mlです。

 ※商品に記載してある使用上の注意をよく確認してください。

 ※材質によっては腐食・変色する場合がありますのでご注意ください。

 

 

(参考)

  

 感染症・食中毒にご注意を!(埼玉県食品安全課)(1661KB; PDFファイル)

 ノロウイルスのQ&A(厚生労働省)(265KB; PDFファイル)

 

お問い合わせ

担当名:健康保険医療課 ヘルスサポート担当(保健センター)

住所:〒351-0106 和光市広沢1-5  保健センター

電話番号:048-465-0311(予防接種・こころの相談・食育関係)

       048-424-9128(成人の健康診断・健康づくり関係)

FAX:048-465-0557

メールアドレス: