手足口病の流行警報が発令されました

 手足口病の患者報告数が増加しています

手足口病とは

 手足口病は4歳くらいまでの乳幼児を中心に流行し、感染すると口の中、手のひら、足の裏や足の甲などに2~3mmの水疱性の発疹が出る病気です。毎年、夏季を中心に流行することから、今後さらに患者数が増える可能性があるので注意が必要です。

 

予防のポイント 

 主な感染経路は、患者のくしゃみなどのしぶき(飛沫)に含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛沫感染」や、ウイルスが付いた手で口や鼻などの粘膜に触れることによる「接触感染」、便の中に排泄されたウイルスが口に入る「経口感染」です。

 予防にはしっかりとした手洗いが有効です。特に、この病気にかかりやすい乳幼児がいるご家庭や集団などでは、おむつ交換時などの排泄物を適切に処理し、しっかりと手を洗いましょう。

 

手足口病にかかったら

 基本的には軽い症状の病気ですが、まれに髄膜炎等の合併症が起こる場合がありますので、経過観察を行い、高熱や頭痛、嘔吐等の症状がひどい場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

 参考 

埼玉県感染症情報センターホームページ

厚生労働省ホームページ「手足口病に関するQ&A」

国立感染症研究所ホームページ「手足口病とは」 

 

 

 

お問い合わせ

担当名:健康保険医療課 ヘルスサポート担当(保健センター)

住所:〒351-0106 和光市広沢1-5  保健センター

電話番号:048-465-0311(予防接種・こころの相談・食育関係)

       048-424-9128(成人の健康診断・健康づくり関係)

FAX:048-465-0557

メールアドレス: