twitter 携帯サイト 自動翻訳 Transklate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > 健康づくり・医療 > 感染症・病気の流行と予防 > 新型コロナウイルスワクチンの接種について > 関連情報 > 【新型コロナ】療養者・濃厚接触者の方へ~受診・療養の目安、医療費の公費負担、各種窓口等のご案内~

【新型コロナ】療養者・濃厚接触者の方へ~受診・療養の目安、医療費の公費負担、各種窓口等のご案内~

 発熱など体調不良時の受診・療養の目安 (令和5年1月16日現在)

 発熱等の体調不良時は、新型コロナの抗原検査キットでセルフチェックを したうえで、次のa)・b)のフローに沿って重症化リスク等に応じた受診・ 療養にご協力をお願いします。
受診を迷った場合は、埼玉県受診・相談センターや、県民サポートセンタ ーなどの相談窓口をご利用ください。

a)重症化リスクの高い方(高齢者・基礎疾患がある方・妊婦等)、小学生以 下の子ども

b)重症化リスクの低い方(上記a以外の方)

陽性となった場合の療養について医療費の公費負担について相談窓口や陽性者登録窓口のご案内はこのページの最後に掲載しています。)

a) 重症化リスクの高い方(高齢者・基礎疾患がある方・妊婦等)、 小学生以下の子ども

高齢者・基礎疾患がある方・妊婦の方等は、新型コロナウイルスの重症化 リスクが高いとされています。発熱などの症状が出たら、かかりつけの医療機関や発熱外来(診療・検査医療機関)にご相談ください。


                

重症化リスクの低い方 (上記 a 以外の方)

新型コロナウイルスの重症化リスクが低い方は、発熱などの症状が出たら、 まずはご自身で新型コロナの抗原検査キットでセルフチェックしてください。


                

                        

陽性となった場合の療養について

療養期間、療養証明、コロナ後遺症についてはこちらをご覧ください。


医療費の公費負担について

医療費の公費負担とは?

「医療費の公費負担」とは、法律や条例に基づき、医療費の全部又は一部を国や地方自治体が「公費」で負担する制度で、医療費助成制度のひとつです。
新型コロナウイルス感染症にかかる医療費は「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、公的医療保険(国民健康保険や被用者保険など)を優先給付した後、残る部分が公費負担の対象となります。
なお、医療費が一部公費負担されても、検査当日は3,000円前後の自己負担は発生します。

 医療機関を受診すると、自己負担はどのくらいかかるの?(参考)

  自己負担が発生する項目
例)
    ・初診料
    ・院内トリアージ料
    ・二類感染症患者入院診療加算
実際は他にも自己負担額が追加されるため、検査当日は3,000円前後の自己負担が発生します。

外部リンク 

▼ 埼玉県HP 「新型コロナウイルスに係る医療費の公費負担について(県民の皆様)」

相談窓口や陽性者登録窓口等のご案内

新型コロナに関する県の相談窓口

 【県民サポートセンター(受診先の確認・一般的な質問)】
TEL:0570-783-770 24 時間・年中無休

【埼玉県受診・相談センター(受診先の確認・受診を迷う場合)】
TEL:048-816-5801 午前 9 時~午後 5 時 30 分(土曜日、日曜日、祝日も対応)

【埼玉県新型コロナ陽性者相談窓口(体調の悪化等)】
TEL:0570-089-081 24 時間・年中無休

【自宅療養者支援センター(体調悪化※聴覚障がいの方向け)】
 FAX:048-643-7107 24 時間・年中無休

陽性者登録窓口(検査確定診断登録窓口)

 令和 4 年 9 月に、新型コロナウイルス感染症の陽性者の全数届出が見直され ました。
 発生届出の対象ではなくなる方に対し、埼玉県は、自身で「陽性者登録」して いただく制度を設け、皆さんの療養生活を支援しています。

・「陽性者登録」により得られる支援
(1)体調悪化時の相談(24 時間、看護師が対応)
(2)必要に応じた医療の提供
(3)パルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定器)の貸し出し
(4)宿泊療養の申し込み

なお、9 月 26 日以降、発生届出の対象外となった方(陽性者登録者を含む)に は療養証明書は発行されません。

陽性者登録窓口

急な発熱に備え、予め抗原検査キットを準備しましょう

 発熱などの体調不良時、速やかに自己検査できるよう新型コロナ抗原検査 キットを事前に購入しましょう。

・検査キットは「研究用」ではなく国が承認した「体外診断用医薬品」又は 「第1類医薬品」を選んでください。
 抗原検査キット(「体外診断用医薬品」「第1類医薬品」)リスト
 厚生労働省 HP: https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27779.html

・市では抗原検査キット(唾液)の配布を予定しています(1月以降実施予定。電子申請で申込み、翌日の配送見込み)。

国が承認したキット一覧

お問い合わせ

担当名:健康保険医療課 新型コロナウイルスワクチン接種事業

      推進プロジェクトチーム 

住所:〒351-0106 和光市広沢1-5-51  保健センター

電話番号:048-465-0311

FAX:048-465-0557

メールアドレス: