新型インフルエンザに関するこれまでの経緯

2014年02月04日 10時43分

現在メキシコにおいてインフルエンザ様の症状を示す比較的重い呼吸器疾患の流行、米国においてはヒトの間でブタインフルエンザウイルス(H1N1亜型)によるインフルエンザの発生が確認されており、その他各国で新型インフルエンザ(ブタインフルエンザ)の感染、感染の疑いのある人が確認されております。
 5月中旬から日本でも感染者拡大しております。

これまでの経緯

  • 平成21年7月8日 埼玉県内における新型インフルエンザに対する対応が変わります。

    厚生労働省の運用指針改定に伴い、埼玉内における新型インフルエンザへの対応が下記のとおり変更になります。

    ・7月9日(木曜日) 埼玉県発熱相談センターの受付時間縮小
                           (24時間体制⇒午前9時~午後9時まで)
                           発熱外来が終了(以降は一般の医療機関を受診)
                          ※一般医療機関を受診する際は事前に医療機関へ連絡してください。     
    ・7月16日(木曜日) 埼玉県発熱相談センター終了
    詳しくは埼玉県ホームページまで

  • 平成21年6月24日 志木市で新型インフルエンザの感染者が確認されました。手洗いうがい、人ごみを避けるなどの予防策に努めましょう。発熱等の症状が疑われる場合は保健所又は埼玉県発熱相談センターまでご連絡してください。 
  • 平成21年6月19日 新型インフルエンザの感染者が国内で微増しており、埼玉県内でも18日現在で12人の感染者が確認されております。手洗いうがいなどの予防に努めましょう。症状が疑われる場合は保健所又は発熱相談センターまでご連絡ください。
  • 平成21年6月12日 WHO新型インフルエンザの警戒水準がフェーズ6へ引き上げられました。感染しても、重症化しないとされていますが、他の感染症同様に予防に努めましょう。
  • 平成21年6月3日 埼玉県内で3例目の感染者が確認されました。埼玉県によると現段階で感染拡大の恐れはないとのことです。新型インフルエンザに関する報道は沈静化してきておりますが、感染者の数は微増しております。手洗いうがいなど、個人での感染予防対策に努めましょう。
  • 平成21年5月22日 埼玉県内で感染者が確認されました。今後の情報にご注意ください。
  • 平成21年5月21日 関東で感染者が確認されました。この方は海外で感染した可能性が高いとのことですが、個人での感染予防対策に努めましょう。
    感染蔓延地域から来た方で発熱などインフルエンザ様の症状がある方は、埼玉県発熱相談センターもしくは朝霞保健所にご連絡をお願いします。
  • 平成21年5月16日、国内での感染者が確認されました。埼玉県では確認されておりませんが、急な発熱があった場合などは、すぐに医療機関を受診せず発熱相談センターへご連絡をお願いします。
  • 平成21年5月9日 帰国者から新型インフルエンザ感染の事例が確認されました。成田空港の検疫で見つかったため、国内への侵入は確認されておりませんが今後の情報にご注意ください。
    最近、海外から帰国された方で発熱などの症状がある場合は発熱相談センターへご相談をお願いします。
  • 平成21年5月1日 感染の疑い事例が国内で確認されました。今後の情報にご注意ください。予防策の徹底に努めてください。
  • 平成21年4月29日、WHOフェーズ5へ引き上げられました。今後の情報にご注意ください。
  • 平成21年4月28日、WHOフェーズ4への引き上げにともない、厚生労働省より新型インフルエンザの発生が宣言されました。
  • 平成21年4月28日現在で日本国内でヒトにおける発症は確認されておりません。

 

お問い合わせ

担当名:健康保険医療課 ヘルスサポート担当(保健センター)

住所:〒351-0106 和光市広沢1-5  保健センター

電話番号:048-465-0311(予防接種・こころの相談・食育関係)

       048-424-9128(成人の健康診断・健康づくり関係)

FAX:048-465-0557

メールアドレス: