twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > 地域福祉 > 特別定額給付金について

特別定額給付金について

特別定額給付金の情報を掲載しています。
特別定額給付金の申請期限は8月24日(月曜日)(消印有効)までです!期限を過ぎると支給出来ませんので、受給希望の方は8月24日(月曜日)までに申請してください。

現在、【申請者本人確認書類の写し】及び【振込先金融機関口座確認書類の写し】の添付漏れが多く見られます。これから申請される方はご注意ください。
また、もしすでに添付漏れのまま申請してしまった方は、該当する書類を【和光市役所保健福祉部地域包括ケア課】宛てに、追送してください。なお、追送の申請期限も8月24日(月曜日)までですので、ご留意ください。


<給付状況のお知らせ>(2020年8月7日(金曜日)更新)
給付対象世帯数【42,244世帯】(基準日時点)のうち、97%の【41,157世帯】に給付しています。


<郵送申請について>(2020年5月28日(木曜日)更新)
特別定額給付金の申請書を5月22日(金曜日)に発送しました。5月25日(月曜日)から順次お手元に届きます。以下の【特別定額給付金の郵送申請】をご確認ください。
(※)迅速に支給する観点から、オンライン申請ではなく郵送申請を推奨しております。また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、給付金申請のための市役所への来庁はご遠慮ください。


<特別定額給付金コールセンター開設のお知らせ>(2020年5月28
日(木曜日)更新)
特別定額給付金に関するお問い合わせを受け付けるコールセンターを開設しています。特別定額給付金に関するお問い合わせはコールセンターにご連絡ください。
なお、回答にお時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承いただきますよう、お願いします。
特別定額給付金コールセンター:0120-032-400(平日 8:30~17:15)

<オンライン申請について>(2020年5月13日(水曜日)更新)
オンライン申請は、コチラで受け付けています。申請を受け付け、内容の審査を行った後に、順次振り込みを行っています。(※)5月11日(月曜日)より、順次振り込みを開始しました。

特別定額給付金の郵送申請 (参考リンク:総務省HP

 郵送申請では、市で記入可能な事項をすでに印刷しているため、オンライン申請よりも申請が簡単です。申請書に必要な事項を記載のうえ、同封の返信用封筒にて、申請書類を返送してください。

 対象者及び給付額等 

 基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳に登録されている者一人につき、10万円を世帯主に支給 

申請書類【申請書記載例(269KB; PDFファイル)】

1 特別定額給付金申請書
2 申請者本人確認書類の写し(例:運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等のコピー)
3 振込先金融機関口座確認書類の写し(例:通帳(口座番号が書かれた部分)又はキャッシュカードのコピー) 

支給予定日

申請受付よりおおむね1か月以内に振り込み(状況により前後する可能性があります。また、申請に不備がある場合は除きます。) 

申請期限

令和2年5月25日(月曜日)から8月24日(月曜日)まで(消印有効) 

申請前に確認いただきたいこと

・記載漏れ・誤り、添付漏れ・誤りがないか、ご確認ください。特に記入いただいた通帳番号と添付した通帳等のコピーの番号が一致することをご確認ください。
・誤りなどにより振り込みが出来ない場合は、申請書に記載いただいた「日中に連絡可能な電話番号」に確認のご連絡をさせていただきます。
・特別定額給付金の受取口座を、水道料引落口座、市税の引落口座、児童手当の受給口座のいずれかを希望し、市内該当部局に当該口座の照会を承諾いただける方は、申請書内「○受取方法」の(希望する口座)のうち、該当する希望口座のチェック欄(□)に「レ」を入れることで、通帳やキャッシュカードのコピーを添付する必要がなくなります。このチェック欄(□)に「レ」を入れることにより、市内該当部局への照会を承諾したことになります。 
・申請書は、基本的に、令和2年4月27日に住民登録がある全世帯に送付しています。すでにオンライン申請で申請済みの方は、郵送申請の必要はありません。
・金融機関の口座がない方等は、必要事項を記載した特別定額給付金申請書と申請者本人確認書類の写しを返送してください。窓口にお越しいただく必要はございません。後日、申請書に記載された住所に給付方法をお知らせする書類をお届けします。その際、通常の手続きよりも、お時間がかかりますので、あらかじめご承知おきください。 

注意事項

・新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、窓口での現金支給は行いません。
・何らかの事情で申請書が受け取れなかった方は、再発行の手続きをします。以下の【やむを得ない事由で4月27日時点での住所で申請書を受け取れない方へ】をご確認ください。
・申請にあたって不明点等あれば、特別定額給付金コールセンター(0120-032-400 平日8:30~17:15)までお問い合わせください。

やむを得ない事由で4月27日時点での住所で申請書を受け取れない方へ(5月13日追記)

 急な入院や一時帰省等により、自宅(4月27日時点の住所)で郵便物を受け取れない場合は、原則、日本郵便の転送サービス(※)を利用することとされております。
 やむを得ない事由で転送サービスが利用できず、4月27日時点での住所で特別定額給付金申請書が受け取れない方、あるいは受け取れなかった方については、市役所に【特別定額給付金申請書送付依頼届】に必要事項を記載のうえ提出いただくことで、ご希望の住所に申請書を再発行します。なお、再発行手続きは6月以降順次行いますので、ご留意ください。

(※)日本サービスの転送サービスについてはこちら https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/
 インターネットで申し込みが可能です。もし、インターネットが利用できない場合は、本人確認書類・旧住所が確認できる書類(運転免許証・住民票等)を最寄りの郵便局へお持ちいただき、郵便局に備え置いている転居届に必要事項を記載することで申し込みできます。 

提出書類 

1 特別定額給付金申請書送付依頼届 【Wordファイル】 【PDFファイル】
  ※印刷して必要事項を記載して提出してください。その際、【記載要領】(PDFファイル)をご一読のうえ、記入ください。
2 申請者本人確認書類(免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)の写し
3 (本人による申請の場合)現在の居所がわかる書類(公的機関が発行等した書類 例:公共料金領収証)の写し

提出先

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送による提出を推奨しています。以下の宛先に提出してください。やむを得ず、窓口での提出が必要な方は、市役所1階 【保健福祉部 地域包括ケア課】までお越しください。

 〒351-0192 埼玉県和光市広沢1-5 保健福祉部 地域包括ケア課  

(※)「特別定額給付金申請書送付依頼届在中」と記載ください。

配偶者からの暴力を理由として避難している方へ 

  配偶者からの暴力を理由に避難し、配偶者と生計を別にしている方が和光市に住んでいる場合、住民票を移していなくても、和光市で特別定額給付金を受け取ることができます。

 避難している方が和光市で特別定額給付金の受取りを希望する場合は、以下提出書類を和光市役所に提出してください。 また、提出にあたっては、郵送を推奨しています。詳細は、下記電話番号にお問い合わせください。

提出書類 

 1 特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書(40KB; MS-Excelファイル)

 2  配偶者からの暴力を理由に避難していることに関連して措置等を受けていることが確認できる書類
 (例:裁判所の保護命令決定書の謄本又は正本、婦人相談所又は配偶者暴力相談支援センターが発行する証明書等。詳細はお問い合せください。)
 3 本人確認書類
 (例:運転免許証、マイナンバーカード、国民健康保険証、公共料金の請求書等、本人及び居住地の特定が可能な 確認書類の写し)

提出期限 令和2年4月24日(金曜日)~同年4月30日(木曜日)※期限を過ぎても受付します。

提出場所 和光市役所 1階  地域包括ケア課 048-424-9121【平日8時30分~17時15分】

上記以外で、特別定額給付金の手続きに関する事項があれば、以下の総務省コールセンターにお尋ねください。(以下、総務省HPより抜粋)

【コールセンターの概要】
○連絡先 0120-260020
○応対時間 9時00分~20時00分 (フリーダイヤル)
※ 現在、大変多くのお問い合わせをいただいており、お電話がつながりにくい時間帯がございます。お電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しください。
※ なお、特別定額給付金(仮称)に関するお問い合わせは、上記コールセンター以外では、お受けいたしておりません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
  

特別定額給付金の給付を装った詐欺にご注意ください!(総務省HPより)

 

 「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!

  • 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

※ 今般、政府予算案において決定された「特別定額給付金」については、住民の皆様へご連絡や給付を行う段階ではありません。
※ 具体的な給付の方法等が決まり次第、速やかに広報いたします。
※ 現時点で、市区町村や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や、銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問合せすることはありません。

 ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(又は警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。 

 新型コロナウィルス感染症対策の給付金関連消費者ホットライン

 (1)電話番号:0120-213-188(フリーダイヤル・通話料無料。050から始まるIP電話からは繋がりません。)

 (2)受付開始:令和2年5月1日(金曜日) 

 (3) 受付時間: 10時~17時(土日祝日を含む) 

お問い合わせ

担当名:地域包括ケア課

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階 FAX:048-466-1473

メールアドレス:   メール

福祉政策担当 電話番号:048-424-9121

包括支援担当 電話番号:048-424-9124