twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > 地域福祉 > 戦没者等特別弔慰金のご案内

戦没者等特別弔慰金のご案内


【第11回戦没者特別弔慰金の請求をお考えの方へ】

緊急事態宣言期間中につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、特別弔慰金の請求のための、市役所へのご来庁を原則ご遠慮いただいております。

請求は令和5年3月までと期間に余裕がありますので、緊急事態宣言解除後のご来庁をお願いいたします。(現段階では令和2年5月6日以降)

また、窓口が混雑しないよう先にお電話で日程を調整させていただいてから、ご来庁をお願いしています。ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 


 


戦没者等の遺族に対する特別弔慰金のご案内(第十一回特別弔慰金)

戦後75周年の節目にあたり、先の大戦で公務等のため国に殉じた戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族に第十一回特別弔慰金(記名国債)を支給することとなりました。

支給対象者

令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、以下の順番による先順位のご遺族お一人に支給します。

以下の1~4の戦没者死亡当時のご遺族で、

  1.令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方

 2.戦没者等の子

  3.戦没者等の(1)父母、(2)孫、(3)祖父母、(4)兄弟姉妹

 ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。

 4.上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)

 ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

 

 ●一人の戦没者につき、ご遺族一人に支給されます。

 ●同順位者がいる場合は、その方の同意を得た上で、代表してご請求ください。 

  ●第11回の弔慰金は令和2年4月1日(基準日)の時点に着目し支給されます。 そのため、基準日以後に請求者が死亡した場合は、請求者の受給権はそのまま残り、相続人が代わりに請求できます。

   ただし、第10回弔慰金の請求の際、平成27年4月1日(第10回の基準日)以後の請求者死亡により相続人として請求していた場合は、今回の基準日では、請求者の受給権は消滅しているため、相続人請求ができません。(戦没者と生計を一にしていた他の遺族がご健在であった場合にその方に受給権が移ります。) 

 

 ☆詳しくはこちらの支給順位表(729KB; PDFファイル)を参考にしてください。

支給内容

額面25万円(5年償還の記名国債)

請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで(期間を過ぎると請求ができませんのでご注意ください)

必要者類及び持ち物について

1. 前回受給者(過去に請求したことがある方)の場合

 必要書類 (1)請求書、(2)印鑑等届出書、(3)現況申立書 ※様式はこちらで準備します

 持ち物    (1)印鑑(認印可)、(2)基準日(令和2年4月1日)における請求者の戸籍抄本

2. 前回受給者以外(新規・転給等)の場合

 必要な書類については担当までお問い合わせください。

  なお、初めて和光市で請求する場合は、必要な戸籍を取り寄せていただく必要がございます。 以下の添付ファイルを参考にしてください。

  

  ☆参考:必要書類一覧(721KB; PDFファイル) 

請求窓口・お問い合わせ

1階 地域包括ケア課包括支援担当 048-424-9124

※お越しいただく際は事前に担当までご連絡の上、窓口にお越しください。

 

 

お問い合わせ


担当名:地域包括ケア課 包括支援担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階

電話番号:048-424-9124  FAX:048-466-1473

メールアドレス:d0500@city.wako.lg.jp